自分で判断する|心筋梗塞などの病気に罹った場合は内科で診察
医師

心筋梗塞などの病気に罹った場合は内科で診察

自分で判断する

聴診器

病気やケガの時に助けになる病院ですが、病院のことを詳しく知っておらず利用している人も多いです。城東区には様々な病院があります。内科だけではなく、外科もあります。病院を利用するなら、内科と外科の違いを理解しておいた方が良いです。内科と外科の違いは多々ありますが、一言で言うと、手術をするのが外科で、手術をせずに治療するのが内科です。これを理解していると城東区の病院を利用する時に役立ちます。発熱のような症状の時には、手術が必要無いことがほとんどです。つまり、これを治療してくれるのは内科ということです。対して、骨折のような手術が必要な治療の時には外科を利用することになります。また、内科は病院の窓口としての役割も果たしています。多くの人が、何らかの症状が出た場合、まずは内科を利用しています。それから検査を行い、どの診療科を利用しれば良いという振り分けを行なうのです。重い病気が発見できた場合は、専門医や大学病院などの紹介をしてくれます。幅広い知識を持って対応をするのが城東区の内科の役割なのです。

城東区の病院を利用する時に、頭に入れておきたいことが、医者に任せきりにしないということです。医者は病気やケガのことをよく知っていて、何でも治してくれるというイメージがあります。しかし、判断が難しいこともあります。そういう時には、自分でしっかりと判断することが大切なのです。内科は窓口的な役割を果たしていますが、自分で判断して外科を受診するということも1つの方法なのです。